« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月21日 (土)

「ビフォア クライシス」肩凝りタークス(^^:)

 携帯ゲーム「ビフォア クライシス」はなかなかプレイが進まない。原因は「肩凝り」しばらく任務をこなすと肩がぱんぱんにはって来る。目も痛くなる。まったくあの画面の小ささは難儀である。
 ツォン先輩〜〜〜〜。どじな新人でごめんなさい。これでもサロンパス貼りまくってがんばってるんですよ〜〜(T-T)←とても初々しくない。
  しょっちゅう捕虜になっては助けを待つのがかったるくてぶちきってしまっているのもなかなか先に進まない理由かも。これまでオンラインゲームと呼べる物は「トロステーション」くらいしかしていないので、よそさまに助けて貰うとなんだか申し訳ないような気がしてならないのだ。
 でも、レノさんに助けられたり、あこがれのソルジャーの皆さんとお会いできたりするのはとってもうれしい。
 と、いうことでまた携帯に手を伸ばすのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

FFBC お仕事はつらい

 「ビフォアクライシス」やっと2章が終わった。まだシステムに慣れていないので、おたおたしながらタークスのお仕事にいそしんでいる。魔法の使い方もなんとなくわかった段階(;-_-) =3 フゥ
 最初の小ボス「フヒト」さんになんどもやられてそのたびに助けていただいた。ありがとう。
 で、ちょっち魔法を使ってみたら、ファイラ二発であっけなく終わり。ふむ、魔法ってそういうふうに使うのね。
 「特別編」ツォンさんのもやってみた。うう、主任〜〜〜。かっこええ。ヴェルドさん、しぶいぜ〜〜〜〜。と思わずおじさん萌え、なのであった。
 しかし…肩が凝る。おばさんにはやっぱ携帯ゲームはつらいのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

「ビフォア クライシス」始めてしまった。

 とある方が「FFBC」をプレイし始めたというので、思わずわたしめもタークスの一員になってしまった。
 ほんとうはもうずいぶん前から興味は持っていたのだが、そのころはまだどこもさんちに「ダブル定額」などというものはなく、パケ放題なんというものを使うと万円単位の携帯料金になると、ドコモ屋さんに脅されてやむなくあきらめていたのである。
 携帯を機種変したときに「ダブル定額」にしたのだが、今度は携帯の画面の小ささと操作性の悪さにがっくりきた。DSやPSPでも肩が凝ってしかたないのに。
 しかし、神羅に就職したからには今回はがむばらねば。プレジデント神羅のおっちゃんはきらいだけど、警備してあげる。任務だぞっと。と言いながら小さな画面を眼鏡かけて見つめているのであった。
 う〜〜〜目がしんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

アカテラス君、昇天(T-T)

 急に寒くなってから、金魚さんズがあまり動かなくなって来た、と思っていたら、今朝、アカテラス君が息をしていないのに気がついた。
 逆さまになっていたシロテラス君は動きにくそうではあるが、相変わらず元気。動かないアカテラス君にじっと寄り添っていたのがいじらしい(T-T)
 金魚でもなんでも死なれるのはつらい。せっかくの大きな水槽がとても寂しくなってしまった。しっかりと落ち込むのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

USJのハロウィーン

 10月31日、つまりハロウィーン当日にUSJに行って来た。

Usj_1

 例年のごとくド派手な園内、しかし今年はハロウィーンのデコレーションは少なめだった。


Usj_2

 前々から乗りたかった、「ハリウッド ドリーム ザ ライド」に乗った。ジェットコースターである。見かけよりかなり早くて怖い。


Usj_3

 「ウォーターワールド」のアトラクションは大迫力。クライマックスの水上飛行機が飛び込んで来るシーンは何度見ても驚く。

Usj_4

 「ジュラシックパーク」の壁には化石が…ってなんでコークが。ということでふざけてみました。
「この〜〜コークでもくらえ〜〜!!!」

Usj_5

 「ハロウィーン キャラクター パレード」カラフルですなあ。夕方には一般のコスプレイヤーのパレードもあったぞ。ハロウィーンならでは。

Usj_6
 「マジカル スターライト パレード」こちらもカラフルできらびやか。始まる直前に園内の照明が一斉に消えたのには驚いた。後は光の乱舞。
 何度行っても楽しめるのはさすがにUSJ。あとは食べ物がもう少しお安くならないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »