« 天橋立 舞鶴の写真 | トップページ | 寒くなってケットが »

2008年10月28日 (火)

もしかしてお宝?猫の額絵

 日曜日に福祉センターでバザーがあった。よくある寄付された家庭の不要品を販売しているもので、買いに行くのも寄付のひとつ、と出かけてみた。ひまやったし〜〜〜happy01
 と、食器セットやタオルのギフトなんかの間に猫の額絵があった。縦横20センチほどの額の中に小さな子猫の絵がはまっているものだが、その子猫の金色の目がとても愛らしくて目を引かれてしまった。
 思わず手に取るとどっかで見たようなイラスト。とても印刷がきれいだし、下部にエディションナンバーのようなものも書いてある。それに、印刷かもしれないが作者のサインもある。
 額もシンプルだがしっかりとした木製だ。これでついているお値段が200円。しかるに売り場のおばさんが「半額にします」ということで、なんと100円。思わず、コップやお皿のセットといっしょに買ってしまった。
 家に帰って記憶をたよりに雑誌を調べると「渡辺あきお」という画家さんのイラストだとわかった。可愛い猫の絵を描かれていて、やはり目の大きな子猫の絵がかわいくて覚えていた訳だ。
 レフグラフで、わたしめの絵の倍くらいの大きさで49350円!の値段がついている。wobbly
 まあ、そんなええもんかどうかわからんけど、かわいいので壁に飾る事にした。見ているとなんだか優しくなれるような気がする、そんな絵だ。良い買い物だったと思う。


Akioneko

|

« 天橋立 舞鶴の写真 | トップページ | 寒くなってケットが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221215/42937207

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしてお宝?猫の額絵:

« 天橋立 舞鶴の写真 | トップページ | 寒くなってケットが »